top of page

​日本再生党

  • 執筆者の写真相達 大山

アベノミクスの終焉


故安倍元総理大臣
故安倍元総理大臣

藤井聡先生が「総括・アベノミクス」https://foomii.com/00178/20240328181214122220

において、17年ぶりの日銀マイナス金利解除でアベノミクスは終焉した旨をおっしゃっています。充分な成果を見せることができず、批判的な評価があるなか、故安倍元総理が財務省とそれに連なる緊縮財政派の政治家との対決の中、2022年7月8日に凶弾に倒れ帰らぬ人となりました。あらためてご冥福をお祈りします。


その後、故安倍元総理を貶める統一教会問題や安倍派裏金問題というキャンペーンが今もなお続き、国会では国民の生活をなおざりにした議論ばかりです。





野党は、古舘伊知郎さんが言っている自民党の分断作戦で何の力も持っていない。

岸田総理は、自民党が与党でありつづけることを確信しています。


どの政党も本当に日本のことを考えているのかと考えてしまいます。


昭和のときは、国民は政治を考えなくてもよかったかもしれませんが、今は国民が政治について考え、行動していかなければならない時代です。政治は、あなたに具体的に要求を突き付けてきます。あなたの考えや行動があなたに影響を及ぼすことを理解してください。


敗戦後、日本国民は戦勝国の思惑で政治についてまともな教育を受けてきていません。自国、日本を貶める歴史観を植え付けられ、国際金融が推し進める新自由主義の恰好の餌となってきました。


政治について知らないなら、今すぐ学べばいいし、ひとりだけでは力がないなら仲間を募ればいいのです。政治家になることだけが政治に参加することではありません。政治について議論し、選挙で票を束ねることもひとつのあり方です。


我々、日本再生党は、政治について学び、議論し、有権者の力を有効なものにしていくことが大切であることを知っています。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page